砲台山(三高山)

標高401.8m。江田島の北部、沖美町美能に位置する山。国土地理院の地図では砲台山と表記されていますが、地元では三高山と言われています。山頂付近に砲台が設置されたため、いつしか砲台山と言われるようになったそうです。

 山頂付近には、旧陸軍が設置した砲台の史跡があります。北部砲台と南部砲台に分かれています。この二つを合わせて三高山堡塁跡と言います。砲台山の山頂は南部砲台をさらに尾根沿いに南に向かった遊歩道、東屋の隣に三角点が設置されています。

▽ 砲台山から宮島を望む

 砲台山からの夕陽は江田島の中でも格別と言われています。多島美の瀬戸内海にあって、砲台山から西の海は島が少なく、広い海にしまが点在する風景が広がります。隣には宮島、少し沖合には阿多田島、遠くには山口県の周防大島が見えます。

アクセス

 最寄りの港は三高港。広島宇品港から出港しています。三高港から砲台山までの公共交通はありません。山頂までの道は車道で、市役所三高支所から山側に川沿いに沿って上る道、または三高港から西へ向かい美能の「創造の森森林公園」の標識から上るルートが一般的です。

ダウンロード
この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図25000を複製したものである(承認番号 平29情複、第1152号)
砲台山登山マップ.pdf
PDFファイル 404.5 KB